加熱と計測 ヒーター・熱電対・測温抵抗体のことなら
  トップ サイトマップ English
SANKO
072-287-1135
株式会社サンコー  製品情報技術資料会社案内お問合せお見積り

お問合せ

技術資料INDEX

温度センサーについて
温度センサー

熱電対について
熱電対1
熱電対2
熱電対規格
シース熱電対規格
取扱説明書

測温抵抗体について
測温抵抗体1
規格1
規格2

カートリッジヒーターについて
CHとは
CHの種類

マイクロヒーターヒーターについて
MHとは











金属保護管型熱電対









窒化珪素

その他センサー





X線画像

 

カートリッジヒーターの種類

弊社にて製造するCH種類

大きく分けて下記のような種類に分けられます。

カートリッジヒーターの形状

カートリッジヒーターに追加工を行い、カートリッジヒーターの固定の補助やリード線の保護をします。

特殊なカートリッジヒーター

追加工や形状違いではなく特殊な構造のものになります。。


標準タイプ

カートリッジヒーターの標準タイプになります。リード線が2本出ており、線間に電圧を印加することでヒーターとして作動します。

ノーマル

⇒詳しくはこちら

熱電対内蔵タイプ

カートリッジヒーター内に熱電対が内蔵されています。 主にカートリッジヒーターの過昇温度を取得するために使用されます。

熱電対

⇒詳しくはこちら

粗密巻き(バランス巻き)タイプ

カートリッジヒーターのW密度を部分ごとに変更できます。 カートリッジヒーターの加熱部の長さとW数をご指定いただけます。
熱電対内蔵タイプと組み合わせることが可能です。

粗密

⇒詳しくはこちら

2、3回路式タイプ

カートリッジヒーターの加熱部を分割して回路を分けることが可能です。
カートリッジヒーターを回路ごとに出力調整、制御が可能です。

2回路

3回路

ヒーターは粗密巻き(バランス巻き)にもできます。

⇒詳しくはこちら

パイプ付きタイプ

ノーマルタイプのカートリッジヒーターにパイプを溶接したものになります。
パイプにより、金型等にカートリッジヒーターが入りすぎないようになります。

パイプ

SUSフレキ付きタイプ

パイプ付きタイプのカートリッジヒーターにSUSフレキチューブを溶接したものになります。
リード線の擦れに対して保護の効果が得られます。

フレキ

ツバ(鍔)付きタイプ

ノーマルタイプのカートリッジヒーターにツバを溶接したものになります。 ツバにより、金型等にカートリッジヒーターを固定することが出来ます。
ツバ形状はご自由にご指定可能です。
パイプ付き、SUSフレキ付きと組み合わせることも可能です。

鍔

フランジ付きタイプ

ノーマルタイプのカートリッジヒーターにフランジを溶接したものになります。
フランジにより、金型等にカートリッジヒーターを固定することが出来ます。
フランジはFFフランジ、RFフランジなどご自由にご指定可能です。
パイプ付き、SUSフレキ付きと組み合わせることが可能です。

フランジ

ネジ付きタイプ

ノーマルタイプのカートリッジヒーターにネジを溶接したものになります。 ネジは六角付ネジになります。 ネジにより、金型等にカートリッジヒーターを固定することが出来ます。 ネジサイズは配管用のG、Rやミリネジなどをご指定いただけます。 パイプ付き、SUSフレキ付きに組み合わせることが可能です。

ネジ

L型タイプ

ヒーターにL型金具を取り付けて、リード線をヒーターに対して曲がった状態で出すことが出来ます。 ヒーターの取り付け箇所が狭い場合に有効です。 ノーマル、パイプ付き、SUSフレキ付き、ツバ付き、フランジ付き、ネジ付きと組み合わせることが可能です。

L型

横出しタイプ

ヒーターのシース部の端から直接、リード線をヒーターの非発熱部の横から出しています。 L形タイプよりもヒーターの取り付け箇所が狭い場合に有効です。

三相タイプ

カートリッジヒーターから3本のリード線が出ており、単体で三相ヒーターとしてご使用できます。

シース熱電対内蔵タイプ

熱電対内蔵タイプに使用している熱電対をシース熱電対に変更したものです。 熱電対接点を2点にすることも可能です。

 

  
 

 

製品等に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

TEL 072-363-8135  MAIL web35@sankooo.com

株式会社サンコー

トップページ 製品情報 技術資料 お問い合わせ

会社概要 お取引について プライバシーポリシー サイトマップ