加熱と計測 ヒーター・熱電対・測温抵抗体のことなら
  トップ サイトマップ English
SANKO
072-287-1135
株式会社サンコー  製品情報技術資料会社案内お問合せお見積り

お問合せ

技術資料INDEX

温度センサーについて
温度センサー

熱電対について
熱電対1
熱電対2
熱電対規格
シース熱電対規格
取扱説明書

測温抵抗体について
測温抵抗体1
規格1
規格2

カートリッジヒーターについて
CHとは
CHの種類

マイクロヒーターヒーターについて
MHとは











金属保護管型熱電対









窒化珪素

その他センサー





X線画像

 

技術資料 使用上の注意

カートリッジヒーターの御使用にあたって

(1)使用温度

最高使用温度は、ヒーター表面温度で800℃程度までとなりますが、 昇温スピードやON/OFF回数によって寿命が大きく変わります。

(2)使用方法 ※金型などの金属プレートに挿入時の使用方法

■結線
 カートリッジヒーターは特殊仕様を除き、単相となります。

■取付
 非加熱物のヒーター挿入孔は、ヒーターとのクリアランス(すきま)を小さくしてください。
 挿入孔がヒーターの外径に対して大きい場合は、温度制御のレスポンスが悪くなったり、
 昇温時間が長くなったりします。また、ヒーターの発熱部分が挿入孔から露出している場合
 その露出している部分が空焼きとなり、早期断線につながります。   

(3)使用上の注意

@ヒーターのリード線はガラス繊維のリード線を使っている場合が多いので、水濡れに
 ご注意ください。耐水性が必要な場合は別途ご相談下さい。

A被加熱部の汚れや油分は除去してください。異常加熱の原因となります。

Bリード線根本部のピンは、繰り返し曲げられると折れる場合があります。

C定格電圧以上で使用しないでください。

DON−OFF間隔が短かかったり、オーバーシュートを繰り返すとヒーターの寿命に
 悪影響を与えます。

Eヒーターを被加熱物から取り外す際は、必ず電源を切ってください。電源を切った後の
 ヒーターは表面温度が高いのですぐに触らないでください。

F標準品におけるリード線出口付近は150℃以下にしてください。

 

製品等に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

TEL 072-363-8135  MAIL web35@sankooo.com

株式会社サンコー

トップページ 製品情報 技術資料 お問い合わせ

会社概要 お取引について プライバシーポリシー サイトマップ