加熱と計測 ヒーター・熱電対・測温抵抗体のことなら
  トップ サイトマップ English
SANKO
072-287-1135
株式会社サンコー  製品情報技術資料会社案内お問合せお見積り

お問合せ

技術資料INDEX

温度センサーについて
温度センサー

熱電対について
熱電対1
熱電対2
熱電対規格
シース熱電対規格
取扱説明書

測温抵抗体について
測温抵抗体1
規格1
規格2





















技術資料−測温抵抗体−

抵抗温度計の種類

  • 白金測温抵抗体
  • サーミスタ測温体

白金測温抵抗体

高い温度でも安定していて、広い温度範囲に渡って精密な温度測定に適しています。

サーミスタ測温体

小型で精密な温度測定が可能ですが、使用できる温度が低く、また使用できる温度範囲が極めて狭いので、ある一定の温度のみを測定する場合に使用します。



抵抗温度計の構造

  • 保護管型測温抵抗体
  • シース測温抵抗体
  • 内部結線の方式

保護管型測温抵抗体

抵抗素子に導線を接続し、保護管に収めたものです。

シース測温抵抗体

ステンレスパイプの中に酸化マグネシウムを固く充填し、パイプの中を通るニッケル導線を、互いに絶縁させたシース導線の先端に抵抗素子を取り付けたものです。保護管型測温抵抗体に比べ細型で振動に強く、曲げ加工が容易です。

内部結線の方式

抵抗温度計は抵抗の変化によって温度を測定する仕組みなので、リード線の電気抵抗および結線についても注意を払う必要があります。最も精度よく温度を測定するには4線式が適していますが、主に温度校正の分野において使用されていて、工業用としては3線式が最も多く使用されています。2線式はリード線の抵抗値の変化が大きいためあまり使用されていません。

 

製品等に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

TEL 072-363-8135  MAIL web35@sankooo.com

株式会社サンコー

トップページ 製品情報 技術資料 お問い合わせ

会社概要 お取引について プライバシーポリシー サイトマップ