加熱と計測 ヒーター・熱電対・測温抵抗体のことなら
  トップ サイトマップ English
SANKO
072-287-1135
株式会社サンコー  製品情報技術資料会社案内お問合せお見積り

お問合せ

技術資料INDEX

温度センサーについて
温度センサー

熱電対について
熱電対1
熱電対2
熱電対規格
シース熱電対規格
取扱説明書

測温抵抗体について
測温抵抗体1
規格1
規格2

カートリッジヒーターについて
CHとは
CHの種類

マイクロヒーターヒーターについて
MHとは

サンコー実験室
W密度とヒーター表面温度











金属保護管型熱電対









窒化珪素

その他センサー





X線画像

 

社内実験室2-1

各ヒーターメーカーで掲載されている「電力密度とヒーター表面温度」の関係性について
どこまで正しい数値なのか、実験してデータをとる事にしました。


各ヒーターメーカーによる電力密度と表面温度のグラフ

ノーマル


1.実験内容

カートリッジヒーターφ16×350L(発熱部 130L) 200V1300W を使用します

ヒーターの各制御温度での電力、絶縁性能を測定します。

電力はヒーターの形状と電力から表面負荷[W/cm2]を算出して示します。

ノーマル
ヒーター温度 740℃時


ノーマル
ヒーター温度 800℃時


ノーマル
ヒーター温度 900℃時


ノーマル
ヒーター温度 1020℃時


ノーマル
ヒーター温度 1040℃時


2.実験結果

表面負荷-温度特性 シース材質 SUS304の表面負荷-温度グラフを下記に示します。(室温 20℃)

熱電対

このように、各社ヒーターメーカーが掲載している資料と比較し、多少の誤差はありますが、

ほぼ近い温度の値を示しました。このことから使用環境の違いがなければ、電力密度の数値か

らヒーター表面温度を推測する事が可能と言えます。

 

  
 

 

製品等に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

TEL 072-363-8135  MAIL web35@sankooo.com

株式会社サンコー

トップページ 製品情報 技術資料 お問い合わせ

会社概要 お取引について プライバシーポリシー サイトマップ