加熱と計測 ヒーター・熱電対・測温抵抗体のことなら
  トップ サイトマップ English
SANKO
072-287-1135
株式会社サンコー  製品情報技術資料会社案内お問合せお見積り

お問合せ

技術資料INDEX

温度センサーについて
温度センサー

熱電対について
熱電対1
熱電対2
熱電対規格
シース熱電対規格
取扱説明書

測温抵抗体について
測温抵抗体1
規格1
規格2

カートリッジヒーターについて
CHとは
CHの種類

マイクロヒーターヒーターについて
MHとは

サンコー実験室
W密度とヒーター表面温度
ヒーターと温度センサーの位置による温度差











金属保護管型熱電対









窒化珪素

その他センサー





X線画像

 

社内実験室2-2

前回、「電力密度とヒーター表面温度との関係性について」で実験した際に、ヒーター表面温度での絶縁抵抗値も計測しました。


1.実験内容

今回実験に用いるカートリッジヒーターの仕様としては
シース材質:SUS304 φ16×350L(発熱部130L) 200V1300W を使用します。

ヒーターの各制御温度での絶縁性能を測定します。

ノーマル
カートリッジヒーター表面温度801℃


ノーマル
カートリッジヒーター表面温度1040℃


2.実験結果

絶縁抵抗-温度特性 カートリッジヒーター(パイプ材質=SUS304)の絶縁抵抗-温度グラフを下記に示します。
絶縁抵抗の測定は500VDCにてパイプ−端子間で行っています。

熱電対

温度550℃以下では絶縁抵抗計の測定表示限界を超えていたため表記はありません。

グラフ形状から指数式に従い減少していることがわかります。


3.まとめ

絶縁抵抗-温度特性 ヒーターを短時間で昇温、測定を行いましたが、パイプ−端子間が絶縁されてショートが発生しない場合、 短時間であればヒーター温度1000℃での値を示します。(短寿命にはなります)

また、弊社では仕様により、750℃〜800℃程度をカートリッジヒーターの限界温度としていますが、このグラフから絶縁抵抗の値が10MΩを下回り、ヒーターのショートが発生する可能性があるためと考えております。

  
 

 

製品等に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。

TEL 072-363-8135  MAIL web35@sankooo.com

株式会社サンコー

トップページ 製品情報 技術資料 お問い合わせ

会社概要 お取引について プライバシーポリシー サイトマップ